2017年 9月 の投稿一覧

ゲームの学校へ通うべき?それとも大学・短大?

ゲームを作る仕事に就きたいと思ったら、まず考えることは進学についてではないでしょうか。
ゲームの学校に通うか・大学や短大に進むか一生を左右することなので、悩むのは当然のことですよね。
それでは将来のためにゲームの学校へ通うか・大学や短大に通うべきかを検証してみましょう。

ゲームの学校か・大学や短大か

大学・短大に進む場合

ゲーム制作会社に就職することを意識しながら大学・短大に進むのであれば、ゲーム制作のどのセクションに就きたいかを考えましょう。
ゲームプログラマーであれば情報工学やコンピュータ学部、シナリオライターであれば文学部など進みたい道に関係ある学部を選ぶと就職活動をするときにウリにできます。

ゲームの学校

ゲーム制作の即戦力になりたいのであればゲームの学校に通うことをおすすめします。また「自分はゲーム制作の道に進む意思がブレない」と思っている人は、専門知識・技術を学べるゲーム学校を選ぶべきでしょう。
現場のプロと同じ工程でゲーム制作をしてみるなどより実践的な授業を受けることができます。

まとめ

ゲームの仕事に就きたいと思ったときには、自分の意思の強さを確認してみる必要があります。ゲームクリエイター以外にも惹かれている職業があるのか・そうでないのかを自分に問いかけて進学する場所を決めましょう。

【ゲームの学校】通うメリット・デメリット

ゲームを作る学校に通うということはメリットとデメリットどちらが大きいのでしょうか。ゲームの学校の評判を見てみると評価も様々なので、進学を悩んでいる人も多いかもしれませんね。
それではゲームの学校に通うメリットとデメリット、両方を知って将来の夢に役立てましょう。

ゲーム学校に通うメリット&デメリット

メリット

ゲームの学校に通うメリットのひとつめはカリキュラムの中でゲーム制作会社と接点を持つ機会があるなど、業界とのコネを作るチャンスがあること。
メリットふたつめは就職活動で提出する作品を授業内で制作できること。
ゲーム制作会社へ就職活動するためには自分の作品を提出することがほとんどです。提出した作品の質が高ければ採用される確率もぐっとアップ。
プロの講師に指導を受けながら作品作りをすれば質の高いものが完成するはずです。

デメリット

ゲームの学校に通う最大のデメリットは、万一挫折した場合にツブシがきかないこと。
ゲームの学校で学ぶのは当然、ゲーム制作に関わる技術や知識。もしゲーム制作への熱が冷めてしまった場合、他の仕事に就くことが難しくなってしまうのです。

まとめ

ゲームの学校にはメリット・デメリットがあります。もちろん本気でゲーム制作を仕事にしたいという人にとっては一流の技術・知識を学べる場。
自分はどれくらいゲーム制作へ熱を持っているのかをもう一度考えましょう。

【ゲームの学校】卒業生の口コミ

ゲームを作る仕事に就きたい。そう思ったら思いつく進路はゲーム学校への進学ではないでしょうか。
でもゲームの学校ってどんなところかよく分からないし……と不安になる人もいるかもしれませんね。
それではゲームの学校に実際通った人の口コミをチェックしてみましょう!

ゲームの学校!卒業生の口コミ

基礎から教えてもらえました!(女性・ゲームプログラマー)

ゲームのプログラミングに興味を持って入学したのですが、入りたての頃はなにも分からない本当の素人。
それを基礎の基礎から丁寧に教えてもらい、就職するときには即戦力扱いしてもらえるまで成長できました。

シナリオ制作とゲーム工程の両方が理解できた(男性・ゲームシナリオライター)

シナリオライターになりたくてゲームの学校に入学。カリキュラムではゲーム制作の工程を学ぶ時間があり、最初は「物語の作り方を教えてくれ」と思った。
でもゲームの制作工程を学んだことで現場に出てから、他セクションの作業を考慮しながら仕事ができて重宝される。

ゲーム制作会社の就職に有利になりました(男性・ゲームプランナー)

ゲームを作るプランナーになりたくて入り、授業の中で数本の企画書を作りました。
制作しているときには勉強のつもりでしたが、就職活動をするときに資料として提出することができたんです。その企画書が役員の目に留まり無事採用。
ゲームの学校で学んでよかったと心から思いました。

環境が揃っているから即戦力になれる(女性・ゲームプランナー)

ゲーム制作会社に入ってからゲームの学校に通ってよかったと思った。学校で使っていた機材は現場と同じで、すぐに仕事に慣れることができた。
もし独学で勉強していたら機材を買うだけで大変だったし、技術も知識も中途半端だったと思う。

ゲームの学校に通って成長できるかは自分次第(女性・ゲームディレクター)

ゲームの学校の評判は賛否両論だけど、やっぱりそれは自分次第だと思います。どれくらいゲームの勉強に打ち込めるか・粘り強くゲームに向き合えるか。
どんなにゲームの学校の先生たちの教え方が上手でも、環境が整っていても自分にやる気が無ければ業界ではやっていけない。
ゲームの学校に通ったことで、私は自分がゲームの仕事がしたいと思えたので本当によかったです。

まとめ

ゲームの学校に通い技術・知識を身に付けた卒業生たち。ゲームの学校を卒業してから就職すると仕事も覚えやすいかもしれません。
またゲームの学校に通って勉強することで本当に自分はゲームクリエイターになりたいのかもわかってくるかもしれませんね。