【ゲームの学校】通うメリット・デメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
Pocket

ゲームを作る学校に通うということはメリットとデメリットどちらが大きいのでしょうか。ゲームの学校の評判を見てみると評価も様々なので、進学を悩んでいる人も多いかもしれませんね。
それではゲームの学校に通うメリットとデメリット、両方を知って将来の夢に役立てましょう。

ゲーム学校に通うメリット&デメリット

メリット

ゲームの学校に通うメリットのひとつめはカリキュラムの中でゲーム制作会社と接点を持つ機会があるなど、業界とのコネを作るチャンスがあること。
メリットふたつめは就職活動で提出する作品を授業内で制作できること。
ゲーム制作会社へ就職活動するためには自分の作品を提出することがほとんどです。提出した作品の質が高ければ採用される確率もぐっとアップ。
プロの講師に指導を受けながら作品作りをすれば質の高いものが完成するはずです。

デメリット

ゲームの学校に通う最大のデメリットは、万一挫折した場合にツブシがきかないこと。
ゲームの学校で学ぶのは当然、ゲーム制作に関わる技術や知識。もしゲーム制作への熱が冷めてしまった場合、他の仕事に就くことが難しくなってしまうのです。

まとめ

ゲームの学校にはメリット・デメリットがあります。もちろん本気でゲーム制作を仕事にしたいという人にとっては一流の技術・知識を学べる場。
自分はどれくらいゲーム制作へ熱を持っているのかをもう一度考えましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*